不動産投資(1R編)

27日目 夜逃げされる!!! その⑪ 訴状を簡易裁判所に提出!

投稿日:

建物はイメージです

26日目までに作成した訴状と添付資料、それから印紙や切手を持って、いざ簡易裁判所へ!

電話で日時を調整してから簡易裁判所へ向かいました。弁護士でもない素人が提出するのですから、提出するときも内容の確認をしてもらえるということでした。ケースバイケースだと思います。

指定されたのは水曜日の11時。会社を休んで向かいます。

訴状と添付資料の提出

書類の確認なので事務の方が対応するかと思ったら、担当する裁判官が出席して訴状の中身を確認していきます。

少額訴訟なので、裁判所も効率よくということなのでしょう。事実確認と添付資料についていくつか質問を受けました。

裁判官と同席して、しかも記憶が間違っていなければ、丸いテーブルでの打ち合わせ。新鮮でした。

お温和な感じの裁判官でした。大変でしたねぇ~ みたいな感じで丁寧に接してくれます。こんな素人が一人で少額訴訟とはいえ、裁判所に来ること自体が珍しいのでしょうか。皆さん、親切です。

打ち合わせも型ぐるしいものではなかったのですが、改めて思えば当然ですよね。普通の打ち合わせです。こちらが取り調べられているわけではないので。あくまでも訴状と添付資料についてヒアリングを受けているだけです。

多分、TVドラマの見過ぎなんですよ。殺風景な部屋で、高圧的で厳格そうな裁判官に、という勝手なイメージです。(笑)

穏やかなうちに約1時間の打ち合わせを終えて、ざっとした今後の予定を聞いて帰りました。

その後の予定

打ち合わせの結果、書類は無事に受付となりました。そして、次のステップは裁判所が被告(賃借人の母親:連帯保証人)へ直接アプローチします。

ですので、原告である私は何もすことはありません。果報は寝て待てといいますが、良い結果に導かれることを願って裁判所からの連絡を待つのみです。

今日のまとめ
平日水曜日の裁判所は閑散としてますが、働いている人も事務所の中も普通といえば普通。当たり前ですね。イメージ先行で凝り固まった偏見が緩やかに溶けていった一日でした。

-不動産投資(1R編)
-, ,

執筆者:


  1. […] 27日目に裁判所へ出向き、訴状と添付資料、手続き費用5千円の印紙そして切手5千円分を収めてから約1か月半、裁判所から連絡が入りました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5日目 候補物件を見て回る その②

3.建物の共用部 建物のエントランスってやっぱり”顔”なんです。顔が汚れてたり、古ぼけてたら気分は下がりますよね。 中古マンション、しかも築十数年とかなってますから新築とは全く違います。でも、中古なり …

収益計算

9日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その②

キャッシュフロー IRR 経費の計算 続いて収入です 購入予定の物件が空室だったら、現地調査をしたときに最寄り駅周辺にある不動産業者を回って、家賃相場を調べてみましょう。立ち会った不動産業者に頼めば、 …

収益計算

11日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その④

エクセルでキャッシュフローを計算 キャッシュフロー総額 15年間から30年間、所有した場合のキャッシュフロー総額とIRRの計算結果です。投資額に対して、CF金額分がプラスとして手元に入る金額となります …

day23

23日目 夜逃げされる!!! その⑦ 内容証明郵便を送って反応を待つ?

21日目に内容証明郵便を発送しました。2~3日したら受取人が受け取ったことのお知らせが郵便局から届きました。 果報は寝て待ては、本当か? 連帯保証人である母親が受け取りました。 こちらの本気度は伝わる …

day24 少額訴訟の準備

24日目 夜逃げされる!!! その⑧ 少額訴訟とは?

少額訴訟の特徴を解説します。ただし、将来、法改正などがあって内容が変わるかもしれません。最新の情報は法務省のホームページなどを参照してください。 少額訴訟とは 60万円以下の請求をする場合に限って利用 …