不動産投資(1R編)

27日目 夜逃げされる!!! その⑪ 訴状を簡易裁判所に提出!

投稿日:

建物はイメージです

26日目までに作成した訴状と添付資料、それから印紙や切手を持って、いざ簡易裁判所へ!

電話で日時を調整してから簡易裁判所へ向かいました。弁護士でもない素人が提出するのですから、提出するときも内容の確認をしてもらえるということでした。ケースバイケースだと思います。

指定されたのは水曜日の11時。会社を休んで向かいます。

訴状と添付資料の提出

書類の確認なので事務の方が対応するかと思ったら、担当する裁判官が出席して訴状の中身を確認していきます。

少額訴訟なので、裁判所も効率よくということなのでしょう。事実確認と添付資料についていくつか質問を受けました。

裁判官と同席して、しかも記憶が間違っていなければ、丸いテーブルでの打ち合わせ。新鮮でした。

お温和な感じの裁判官でした。大変でしたねぇ~ みたいな感じで丁寧に接してくれます。こんな素人が一人で少額訴訟とはいえ、裁判所に来ること自体が珍しいのでしょうか。皆さん、親切です。

打ち合わせも型ぐるしいものではなかったのですが、改めて思えば当然ですよね。普通の打ち合わせです。こちらが取り調べられているわけではないので。あくまでも訴状と添付資料についてヒアリングを受けているだけです。

多分、TVドラマの見過ぎなんですよ。殺風景な部屋で、高圧的で厳格そうな裁判官に、という勝手なイメージです。(笑)

穏やかなうちに約1時間の打ち合わせを終えて、ざっとした今後の予定を聞いて帰りました。

その後の予定

打ち合わせの結果、書類は無事に受付となりました。そして、次のステップは裁判所が被告(賃借人の母親:連帯保証人)へ直接アプローチします。

ですので、原告である私は何もすことはありません。果報は寝て待てといいますが、良い結果に導かれることを願って裁判所からの連絡を待つのみです。

今日のまとめ
平日水曜日の裁判所は閑散としてますが、働いている人も事務所の中も普通といえば普通。当たり前ですね。イメージ先行で凝り固まった偏見が緩やかに溶けていった一日でした。

-不動産投資(1R編)
-, ,

執筆者:


  1. […] 27日目に裁判所へ出向き、訴状と添付資料、手続き費用5千円の印紙そして切手5千円分を収めてから約1か月半、裁判所から連絡が入りました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IRRの計算方法

32日目 内部収益率(IRR)の計算方法について解説

計算尺という計算機。電卓が出てくる前はこれを使っていた・・・ 8日目から13日目までは、物件購入前に必ず計算しなければならない収益性について解説しました。 また、投資の目的として重要視しているキャッシ …

少額訴訟の準備

25日目 夜逃げされる!!! その⑨ 少額訴訟の準備

まずは裁判所に電話相談 準備といっても、何からすれば良いのかもわかりません。少額訴訟については、ネットで調べたり、不動産業者から聞いて知ったくらいです。 考えあぐいていたのですが、まずは裁判所にどうし …

不動産投資の出口戦略

61日目 出口戦略を考えてみる

投資用不動産を持っていると、どこで調べたのか不動産仲介業者からのお手紙が毎日のように届くようになります。 都心の1Rマンションは投資対象として依然と人気が高いことの裏付けです。 不動産仲介業者からのア …

気分爽快!

投資用1Rマンションを引渡! (71日目)

しばらく投稿をサボってしまいました。ちょっとサラリーマンの方の仕事が忙しくて、投稿する余裕がありませんでした。なければ投稿しないという、ストレスのない緩い感じですからね。 11月末日に投資用に保有して …

NPV シミュレーション

65日目 正味現在価値(NPV)シミュレーション ①

64日目では、特定のケースでNPVを求めてみました。今回は、NPVに影響を及ぼす様々な要素を変化させてみます。 年数に関係なく、同じNPVにするための売却金額は? NPVは、未来のキャッシュフローを現 …