不動産投資(1R編) 不動産投資(収益計算)

66日目 正味現在価値(NPV)シミュレーション ②

投稿日:2020年9月16日 更新日:

65日目では、NPVを同額とするための期間ごとの売却金額を求めてみました。

66日目の今日は、割引率によるNPVの変化を調べてみます。

割引率をパラメーターに

割引率をパラメーターにして、NPVの変化をシミュレーションします。賃料の設定や固都税、その他税率なども前回の設定と同じです。

複数のパラメーターで解析すると複雑になるので、売却金額は一定としたうえで、割引率を1%から8%まで変化させます。

結果

今回の条件の場合、割引率3.5%が売却と保有の境界ラインのようですね。割引率3.5%以下だと、売らずに持ってた方が良いという結論になります。

最近の投資用不動産の購入の条件は実質の利回りが4.5%以上らしいので、なかなか微妙なラインですね。

そもそも、収益性がる程度のレベルになってなければ、物件としての魅力が無いので、売却金額も下がるでしょうし。

つまり、「高い賃料で貸している間に高い売却金額で売り抜けた方が良い」が、答えですね。今更ながら当たり前のことですけど。(笑)

不動産投資と新型コロナ

今まさに私が保有している1Rマンションが、この状態(高い賃料)です。新築時の賃料よりも大幅に高い金額で貸しています。しかも一部上場企業の法人契約です。やはり、駅近が功を奏していると思います。

単身用の1Rや1DKは、とにかく駅近。これが一番大事です。

ただ、2020年3月くらいからの新型コロナの流行をきっかけとする、働き方の球速な変化は、もしかすると駅近一番!という当たり前と思っていた価値観も変えていくことになるかもしれません。

東京の人口が減少するのは、ずーーーっと先のことだと思っていました。しかし、これも定かではなくなってきています。

分譲オフィスも所有していますが、こちらの方がもっと早く変化が押し寄せてくるかもしれません。大手企業が地方への移転やテレワークの常態化を積極的に進めているなか、私の所有しているオフィスのテナントにも、すぐにではないかもしれませんが何かしらの変化はいずれ起きてくるでしょう。

未来のことですから見定めることはできませんが、発生しうるリスクをできるだけ把握して、早め早めに対処できる体制を整えておくことが重要なんだろうなぁ、と感じています。

その体制とは、自分なりに考えてみると、

  • 適正なインカムゲイン(キャッシュフロー)
  • できるだけ低い、LTV(借入割合の低さ)
  • 売れる物件であること

ではないでしょうか。

やっぱり、安定している時であれば資産の流動性を高める(固定資産を金融資産へ変えるなど)なんてことはあまり考えないのでしょうけど、先が見えない状況ですから、ちょっと手元資金を増やしておこうかなぁ、と思いたくなります。

今日のまとめ

売却金額一定で、割引率を変化させてみました。すると、売却と保有の境目の割引率が見えてきましたね。この割引率以上の収益率を株式投資で得ることができるのであれば、売った方が良いということ!売りましょう!

-不動産投資(1R編), 不動産投資(収益計算)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

借入期間

43日目 IRRシミュレーション その④

今日は、借入期間(返済期間)をパラメーターにしてIRRの変化を検証しましょう。 借入額と金利が同一の場合、借入期間が長い方が毎月の返済額は下がります。その分、毎月の返済に含まれる元本の割合が減り、金利 …

判決

29日目 夜逃げされる!!! その⑬ 判決!

判決! とうとう、判決の日がやってきました。夜逃げされてから10ヶ月、ここに至るまで大変な道のりでした。 出廷! 出廷したのは、特許の裁判(原告です)以来です。特許は高等裁判所でしたが、今回は簡易裁判 …

5日目 候補物件を見て回る その②

3.建物の共用部 建物のエントランスってやっぱり”顔”なんです。顔が汚れてたり、古ぼけてたら気分は下がりますよね。 中古マンション、しかも築十数年とかなってますから新築とは全く違います。でも、中古なり …

訴状の添付資料

26日目 夜逃げされる!!! その⑩ 訴状の添付資料

こんなに厚い資料にはなりません。スピーディーかつ短期間で判決がでる制度ですから。 準備した添付資料 添付資料は、以下となります。もちろん、すべて写しです。 甲1   現状回復費用、日割家賃の明細書   …

キャピタルゲイン

62日目 出口戦略 インカムゲインとキャピタルゲイン

61日目の不動産仲介業者からのアプローチから、出口戦略を考えてみよう!ということになりました。 私の不動産投資のスタイルは、キャッシュフローを重視して、長く「ちゃりん、ちゃりん」という不労収入を得るこ …