不動産投資(1R編)

29日目 夜逃げされる!!! その⑬ 判決!

投稿日:2020年4月12日 更新日:

判決!

とうとう、判決の日がやってきました。夜逃げされてから10ヶ月、ここに至るまで大変な道のりでした。

出廷!

出廷したのは、特許の裁判(原告です)以来です。特許は高等裁判所でしたが、今回は簡易裁判所。何となくアットホームな印象を受けたというのは、ちょっと不謹慎でしょうか。(笑)

欠席裁判

すでに和解でまとまっていますので、被告は欠席でした。それでも、ちゃんと裁判ですから、判決が言い渡されました。

以下のものは、今回の「原状回復費用等請求事件」の判決文です。
(プライバシー保護のため、具体的な項目は削除しています)

判決文

事件

第〇号 原状回復費用等請求事件

改めて、これは「事件」として扱われているんだということを身に染みて感じました。三権のうちの一つである司法を行使しているのです。最高裁の大法廷でも、簡易裁判所の小さなテーブルでも、同じです。

主文

TVドラマで裁判のシーンで出てくる、裁判官が読み上げる「主文」です。判決文の項目の一つなんですね。主文の次は、「事実及び理由」です。

ここには、和解により原告と被告が納得した解決方法が記載されています。

支払い金額と、支払方法についてです。
支払い額ですが、被告の娘(居住者=夜逃げした人)は、更新料も踏み倒そうとしていたので、その分も追加された金額となっています。
支払いは、分割で。こちらの言い分通り、月2万円となりました。

もし、支払が滞った場合は、遅延損害金の支払いも合わせて求めることになりますが、さらに裁判所による給与の差押えも可能となります。

司法の力って、改めてすごいです。逆に怖くもありますね。

事実及び理由

提出した訴状と添付資料に基づいて、主文で決定した内容の判断根拠が記載されています。

最後に裁判官の氏名が明記されて「事実及び理由」の項目は終わりです。

これは正本である。

A4一枚にこれしか記載ありません。すごい迫力です。書記官の氏名と大きな書記官の角印「〇簡易裁判所 裁判所書記官印」が押印されています。

今日のまとめ

夜逃げされてから10ヶ月を経て、ようやく原状回復などに要した費用の回収ができるスタートに立ちました。これから、毎月ちゃんと支払ってくれることを祈るばかりです。
(実は、もう全額受領済です。良かった、良かった)
手間を考えたら、はっきり言って請求金額の倍は欲しいと感じるくらいですが、非常に勉強になりました。

不動産オンラインセミナー まずは14日間の無料お試し!Casegood会員登録

-不動産投資(1R編)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NPVシミュレーション

66日目 正味現在価値(NPV)シミュレーション ②

65日目では、NPVを同額とするための期間ごとの売却金額を求めてみました。 66日目の今日は、割引率によるNPVの変化を調べてみます。 割引率をパラメーターに 割引率をパラメーターにして、NPVの変化 …

気分爽快!

投資用1Rマンションを引渡! (71日目)

しばらく投稿をサボってしまいました。ちょっとサラリーマンの方の仕事が忙しくて、投稿する余裕がありませんでした。なければ投稿しないという、ストレスのない緩い感じですからね。 11月末日に投資用に保有して …

分析

12日目 収益計算をしてみる(分析 投資効率)その⑤

もう少しIRRと収益性について分析をしてみましょう。 これは、頭金(自己資金)の金額の増減による変化です。 計算条件   金利:2.5% 元利均等払い 返済期間:15年        事業期間:15年 …

14日目 契約!

現地確認、キャッシュフロー予測、などの関門を経て、いよいよ購入です。 申込金を支払って契約の手続きに入ります。 契約手続き 一般的な申し込み後の手続きの流れは、 契約ローン申し込みと契約ローンの実行と …

収益計算

9日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その②

キャッシュフロー IRR 経費の計算 続いて収入です 購入予定の物件が空室だったら、現地調査をしたときに最寄り駅周辺にある不動産業者を回って、家賃相場を調べてみましょう。立ち会った不動産業者に頼めば、 …