不動産投資(1R編)

7日目 現場確認は必須

投稿日:2020年2月23日 更新日:

現地で物件を確認せずに購入するなんてありえません。
業者に全部任せてしまうのは危険です。

どんなに遠くても、大きな買い物ですから必ず自分の目で見て、周りを歩き回って、そして現地の不動産の掲示している物件から物件価格や賃料の相場も確認しないといけません。

不動産業者はいろいろ

不動産業者は、不動産を売りたい人と買いたい人を仲立ちして手数料を受け取ります。ですから、売りたい人には売値を下げて売りやすくするかもしれないし、買いたい人にはできるだけ高く買ってもらいたい。

どちらにしても、仲介手数料が入ればいいんです。もちろん、不動産業者の担当者にもよっては、物件の見極めを誠実に教えてくれる方もいるでしょう。

ですが、基本的に彼らは仲介手数料で食べているわけです。できるだけ手間をかけずに売買を成立させたいと考えるのが普通ですね。私でもそう思います。

ですから、現地確認は必ず行います。投資用マンションの場合、なぜかそれを軽視しているように感じます。自宅を買うときは、マンションでも戸建てでも注意深く物件を見て回ると思うのですが、投資用となるとそのエネルギーがなくなってしまうのでしょうか。

リスクは最小限に

1Rマンション投資の目的は、確実なキャッシュフローのプラスによる不労所得による現金収入の増加です。

ですが、これを出会ったばかりの不動産業者を信用して言われたままに購入する人がいるなんて信じられません。騙されて、ひどい物件を市場よりも高い値段で購入するケースが後を絶ちません。

過度な人間不信はダメですが、不動産業界というのは参入障壁が低いですからいろいろな方がいます。

信頼できる不動産業者の担当者との出会い

物件を見に行くと同時に、多くの不動産業者とも知り合うことになります。待ち合わせ時間に遅刻するような、やる気が有るのか無いのかわからないような人もいました。

でも、中にはいるんです。真面目で信頼できそうな方が。でも、まだ確信はありませんから信頼してはダメです。

物件探しと、信頼と一生懸命さをもってる不動産業者との出会いは一緒です。

数打ちや当たる、ということです。ですから、とにかくたくさんの物件を見て回ることですね。物件の状態を把握する力や相場観が養われますから、なめられなくなります。私は建設業界に身をおいてますので、この点では有利でした。

私は多くの物件を見て回るなかで、1人の不動産業者と出会い、そして彼から2物件目を購入することになります。

今日のまとめ
現地確認は必須! 数多くの現地確認は相場感だけではなく、信頼できる不動産業者(担当者)との出会いのきっかけにもなります。

-不動産投資(1R編)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

利回り

13日目 収益計算をしてみる(分析:実質利回り)その⑥

堅実な計算仮定のシミュレーションが大事です。 昨日に引き続きキャッシュフロー予測からの分析です。 頭金なし(全額借入)で分析を進めてみましょう。全額借入の場合、単月の収支は返済金額が大きくなるのでマイ …

収益計算

9日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その②

キャッシュフロー IRR 経費の計算 続いて収入です 購入予定の物件が空室だったら、現地調査をしたときに最寄り駅周辺にある不動産業者を回って、家賃相場を調べてみましょう。立ち会った不動産業者に頼めば、 …

NTVグラフ

67日目 正味現在価値(NPV)シミュレーション ③

値上がりしている1Rマンションを売却した方が良いのか、持ち続けて家賃収入を得た方が良いのか、の判断を計算によって答えを導きだそうというのが、今回のNTVのシミュレーションのシリーズです。 NTVについ …

都会の不動産

4日目 候補物件を見て回る その①

どんどん新しい物件は出てきますし、すぐに買い手がついちゃうこともあります。ですので、初めは一つの物件に固執せず、たくさんの物件情報を眺める感じでもよいと思います。 それは相場観を持つことにもなりますの …

day23

23日目 夜逃げされる!!! その⑦ 内容証明郵便を送って反応を待つ?

21日目に内容証明郵便を発送しました。2~3日したら受取人が受け取ったことのお知らせが郵便局から届きました。 果報は寝て待ては、本当か? 連帯保証人である母親が受け取りました。 こちらの本気度は伝わる …