不動産投資(1R編) 不動産投資(収益計算)

10日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その③

投稿日:2020年2月29日 更新日:

キャッシュフローの計算

支出と収入がそろいました。さっそく、キャッシュフロー予測を作成してみましょう。

毎月の収支でキャッシュフロー予測を立てる

1年ごとの収支でもキャッシュフロー予測はできますが、私は月ベースで計算することをお勧めします。やっぱり家賃って月単位で入ってくるものですから、イメージしやすいです。

私が作ったエクセルシートです。このシートで気になる物件があったら収支計算をしました。

参考に購入した物件で説明します。

計算条件

計算条件です。イニシャルコスト、ランニングコスト、出入金などですね。

物件の将来の売却額が年率1%で下落するものとして計算しています。また家賃も毎年0.5%下がることを想定しています。

入居者は3年ごとに入れ替わって、その都度少額のリフォームを行います。この物件を購入した時はすでに入居者がいて、オーナーチェンジでした。

今回はローンなしで購入しました。これについては、あとで説明します。

毎月の入出金

1ヶ月目は、購入月となります。単月収支には物件コストや購入時の諸費用は含めていません。敷金は前のオーナーから引き継ぎましたので家賃収入が倍になっています。この敷金は退去時に清掃費用を差し引いて返却します(賃貸契約の条件でした)。

毎月のキャッシュフロー予測

売却想定額は、年率1%の下落を見越した金額です。
売却費用は、不動産手数料などです。

1ヶ月目は購入金額と諸経費の合計がキャッシュアウトしたので、大きくマイナスになっています。

購入してから何年間所有するかによってもキャッシュフローが変わります。したがって、15年、20年、25年、30年のバリエーションで作成しています。

7か月目でマイナスになっているのは、不動産取得税の支払いです。この不動産取得税には注意が必要です。購入して数か月後に支払い通知が届きます。すっかり忘れてしまってびっくりなんてことになりがちです。

続いて、キャッシュフローの総額やIRR(内部収益率)の計算に進みます。

今日のまとめ
毎月のお金の出入りを整理して、確実なキャッシュフロー予測を立てましょう。

-不動産投資(1R編), 不動産投資(収益計算)
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

収益性のシミュレーション

40日目 IRRシミュレーション その①

39日目にキャッシュフロー予測を立てて、IRR(内部収益率)を計算しました。 今日は、そのキャッシュフローを立てたパラメーターを変化させて、購入後の収益率改善の方法を探っていきます。シミュレーションで …

キャッシュフロー

39日目 キャッシュフロー

毎月の想定賃料が確認できたら、想定キャッシュフローを組み立てます。 36日目と37日目の繰り返しになりますが、 □ 収入の部 賃料収入    36万円/月 □ 支出の部 物件価格     2080万円 …

収益計算

9日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その②

キャッシュフロー IRR 経費の計算 続いて収入です 購入予定の物件が空室だったら、現地調査をしたときに最寄り駅周辺にある不動産業者を回って、家賃相場を調べてみましょう。立ち会った不動産業者に頼めば、 …

根抵当権解除

根抵当権解除手続き (69日目)

68日目で1Rマンションの売買契約を結んだことを報告しました。 これで私の口座に契約時の手付金以外の残金が振り込まれて所有権移転登記がされれば、めでたく売却完了です。 ところが、この1Rには根抵当権が …

41日目 IRRシミュレーション その②

40日目では、月額賃料をパラメーターにIRRの変化を検証してみました。今日は、引き続きで他のパラメーターで計算してみます。 2.入居期間 これまでのシミュレーションでは、雑居ビルの2つのテナントが3年 …