不動産投資(1R編)

23日目 夜逃げされる!!! その⑦ 内容証明郵便を送って反応を待つ?

投稿日:

21日目に内容証明郵便を発送しました。2~3日したら受取人が受け取ったことのお知らせが郵便局から届きました。

果報は寝て待ては、本当か?

連帯保証人である母親が受け取りました。

こちらの本気度は伝わるのでしょうか。。。 不動産業者からの請求のお便りからは、内容証明郵便ですからステップアップしていると思っているのですが、思っているのはこちらだけかもしれない。などと、思いがめぐります。

不動産業者からの請求のお便り以降は連絡が取れなくなりましたから、内容証明郵便でも反応ない場合は、とうとう法的手段に進むしかありません。

支払い期日は発送日の1か月後です。それまで何もせずに待つのではなく、次のフェーズの準備をすることにしました。

法的手段とは?

もちろん、法的手段なんて取りたくないんですよ。面倒だろうし(したことないけど)、お金かかりそうだし。でも、払ってくれなかったら仕方ないですよね。

では、内容証明郵便に書いた、法的手段とはなんでしょうか?

弁護士を使って調停とかをお願いすることもできますが、弁護士費用だけで請求金額を上回りそうです。

では、どうするか。。。そう裁判ですね。

裁判の準備! 少額訴訟

裁判をすると聞くと、さっき弁護士費用が請求金額を超えそうって、言ってたじゃないの? と言われそうです。

そこで、少額訴訟を利用します。

少額訴訟は、60万円以下を請求する場合に限り利用できる特別な訴訟手続きです。その時の気持ちは、弁護士に頼まなくても何とか自分でできそう、いや! するんだという意気込みでした。

少額訴訟については、24日目に。

今日のまとめ
物事は、思うようにならないのが常です。次の一手を考え、準備しておきましょう。次の一手を考えるのは、不動産業者からのアドバイスや自分で情報を収集するしかありません。

-不動産投資(1R編)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

現地確認

7日目 現場確認は必須

現地で物件を確認せずに購入するなんてありえません。業者に全部任せてしまうのは危険です。 どんなに遠くても、大きな買い物ですから必ず自分の目で見て、周りを歩き回って、そして現地の不動産の掲示している物件 …

入居者募集

30日目 入居者募集の準備

夜逃げ騒ぎに振り回されていましたが、室内に残っていたガラクタたちの廃棄やいろいろ痛んだ部分を改修して、新規募集をかけていました。 もちろん、不動産仲介はいつもの不動産業者さんです。 8月22日に夜逃げ …

都会の不動産

4日目 候補物件を見て回る その①

どんどん新しい物件は出てきますし、すぐに買い手がついちゃうこともあります。ですので、初めは一つの物件に固執せず、たくさんの物件情報を眺める感じでもよいと思います。 それは相場観を持つことにもなりますの …

収益計算

9日目 収益計算をしてみる(キャッシュフロー予測)その②

キャッシュフロー IRR 経費の計算 続いて収入です 購入予定の物件が空室だったら、現地調査をしたときに最寄り駅周辺にある不動産業者を回って、家賃相場を調べてみましょう。立ち会った不動産業者に頼めば、 …

連帯保証人

19日目 夜逃げされる!!! その③ 連帯保証人 

入居者だった方(行方不明を知ってから5日後には契約解除になっています)の連帯保証人である母親と交渉が始まりました。 保証人と連帯保証人 「連帯」のありなしで大変な違いがあります。ご存じの方も多いと思い …